日本の医療の未来を考える会

iryounomiraiの記事一覧

第52回 なぜ日本のワクチン開発は遅れたのか 国内外の研究開発動向から考える(荒木裕人氏)

荒木裕人
新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから1年半ほどが経過した。国内外では様々な研究が進み、診断法も、治療法も、予防法であるワクチンの開発も大きく進んできた。日本ではファイザー社とモデルナ社のワクチン接種が進んでいるが、国産のワクチンはまだ開発途上にある。なぜ国産ワクチンの開発は遅れてしまったのだろうか。6月23日に衆...
396 views

第51回 国内の新型コロナウイルス感染症の 流行状況とサーベイランス(鈴木 基氏)

国立感染症研究所 感染症疫学センター センター長 鈴木 基氏
新型コロナウイルスの変異株が大きな問題になっている。日本では、昨年12月に最初の英国株が確認され、2月後半〜3月にかけて国内で急増、5月には90%以上が英国株となり、現在では全て英国株に置き換わっている。感染力が強く、重症化リスクも高い変異株が広がれば、当然、感染対策や医療もそれに合わせていく必要がある。国はどのように...
327 views

第50回 新型コロナ対応に当たる医療従事者の 「メンタルヘルス」を守るために(高橋英彦 教授)

第50回 新型コロナ対応に当たる医療従事者の 「メンタルヘルス」を守るために(高橋英彦 教授)
この1年数カ月、新型コロナウイルスとの戦いの最前線にいる医療従事者達は、大きなストレスに晒されてきた。自分が感染するのではないかという懸念から、うつや不安が生じてくる事もある。また、自分の仕事のせいで家族に迷惑をかけているというストレスから、モチベーションを維持出来なくなる事もある。こうしたメンタルの不調を未然に捉え、...
350 views

第49回 新型コロナウイルスと戦うために ワクチンについて「知っておくべき新情報」(長谷川秀樹センター長)

長谷川秀樹
新型コロナウイルスに対するワクチン接種が、我が国でも進められている。現在承認されているのは、米ファイザー社のメッセンジャーRNA (mRNA)ワクチンだけだが、今後、英アストラゼネカ社のウイルスベクターワクチン等、いくつかのワクチンが承認されると予想されている。こうした新しいタイプのワクチンについては、各国で接種が進む...
510 views

第48回 新型コロナワクチンの開発競争により 幕を開けた「ワクチン新時代」(石井健 教授)

石井健
この1年余り、世界各国で新型コロナワクチンの開発が進められてきた。どんなに急いでも数年はかかると見られていたが、わずか1年ほどで完成し、既に世界中で接種事業が展開されている。なぜこんな短期間でのワクチン開発が可能だったのだろうか。また、mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチン等、新しいタイプのワクチンが登場してきたの...
556 views

第47回 夜の街対策、検査体制の充実等で 首都「東京」の感染を抑え込む(尾﨑治夫 先生)

尾﨑治夫
新型コロナウイルスの感染拡大に検査体制が追い付いていなかった段階で、東京都医師会はPCRセンターを作って検査体制を整えた。それが現在では全国共通のインフラになっている。また、第3波の真っただ中にある現在、2次救急病院やかかりつけ医等を含め、検査可能施設は約2300施設に増えている。11月25日に衆議院第一議員会館で開か...
409 views

第46回 新型コロナウイルス感染症 日本の対策への評価と今後の課題(尾身茂 先生)

尾身茂 日本の医療の未来を考える会
第2波が収束しないまま、第3波の兆しさえ見え始めている新型コロナウイルス感染症。欧米では感染拡大が止まらず悲惨な状況が続いているが、日本でも冬を前にして、今後どうなるのかと人々の不安は高まりつつあるようだ。10月28日に衆議院第一議員会館で開かれた勉強会では、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会会長として日本のコロナ...
872 views

第45回 新型コロナウイルス感染症に 自衛隊中央病院はどう対処したのか(上部泰秀 先生)

上部泰秀 集中出版 日本の医療の未来を考える会
危険な地域への国際派遣を担う自衛隊は感染症対策が必須だ。その経験を期待され、自衛隊中央病院は政府チャーター機による中国・武漢からの帰国者やクルーズ船の乗員乗客等新型コロナウイルス感染症患者を受け入れ、治療を行った。その後の市中感染期においては、地域の患者を受け入れる事で地域医療に貢献した。これらの活動を通じて院内感染防...
4314 views

第44回 新型コロナウイルス感染症COVID-19の最新情報と第2波に向けての課題(大曲貴夫 先生)

大曲貴夫 日本の医療の未来を考える会
新型コロナウイルス感染症COVID-19の最新情報と第2波に向けての課題世界的に見れば新型コロナウイルスの感染拡大は今も続いているが、日本は第1波を何とか乗り切る事が出来た。6月24日に衆議院第一議員会館で開かれた第44回勉強会では、国立国際医療研究センター国際感染症センター長の大曲貴夫氏に講演をお願いした。中国・武漢...
2228 views

第43回「日本の医療の未来を考える会」 リポート

大曲貴夫 日本の医療の未来を考える会
新型コロナウイルス感染症COVID-19の感染拡大を防ぐ対策と重症患者の治療世界でも日本でも患者数が増え続ける新型コロナウイルス感染症。適切に対応するためには、しっかり勉強しておく必要がある。そこで、3月25日に衆議院第一議員会館で、会場の徹底した除菌や座席の間隔を空ける等の対策を講じた上で、第43回の勉強会が行われた...
1835 views